DIYでするトイレ交換

DIYでするトイレ交換

築20年以上もたてばトイレは交換の時期となってきます。トイレ交換といえば、ふつうは専門業者に連絡してまず見積り依頼をしてから、費用に納得したうえで作業をしてもらいます。



しかし、トイレ交換をDIY=自分で日曜大工として、交換することができるのをご存知でしょうか?自分で今ご使用のトイレの便器を撤去して、新し便器を設置します。



トイレ交換をするときに一番気をつけなければいけないポイントは漏水です。

ひとたび漏水を起こすと、あっという間に周辺が水浸しとなり、作業を中断して床掃除をしなければならなくなり床を傷めてしまいかねません。そこで、必ず作業をする前には、止水栓をしっかり止め、作業中も止水を常に確認します。
トイレ交換に関する作業の仕方は、ネット上で検索すればすぐに見つかります。

詳細に教えてくれますのでひとつひとつの作業を丁寧に行えば、きれいに仕上げることができます。



トイレ交換をする目的は、今使っている便器が古くなったからというのが主な目的だとは思いますが、節水目的で交換するというのもありです。便座メーカーや型によって、排水の際の、排水使用水量には差があります。

今ご使用のトイレの使用水量を調べたうえで、各メーカーと比較をして、便座の購入を行いましょう。家庭によっては、現在の排水使用水量の半分以上の節水効果があります。

それほど違えば、排水音もかなり違ってきます。そこで、トイレを交換する作業の正確な情報を得たうえで、自分でDIYしてみることをお勧めします。

Copyright (C) 2016 DIYでするトイレ交換 All Rights Reserved.